院長からのメッセージ スポーツ障害

院長からのメッセージ

練習を休む…それができればどれだけ楽か

院長の写真

初めまして、とりで整体院の岡田です。

学生スポーツを経験していれば必ずと言っていいほど、スポーツでのケガや障害に直面することがあります。

そんな時、その痛みやケガを改善しようと病院を訪れますが、ほとんどの場合が安静を言い渡されます

こちらの心境からすると【それができないから来てるんです!】というもの。

私も学生スポーツでインターハイ選手を排出する高校での日々を経験していたため、あなたのその心境はよくわかるつもりです。

しかしながら、体がケガを抱えたままで練習を続ければケガは悪化しますし、集中力の低下から新たな不調を引き起こします。
その結果、試合でいい結果を出すことができない

学生スポーツは期限が限られているので、このようなことは避けたいですよね

大丈夫です!!

正しい理論に基づいて、しっかりと施術に当たれば練習を休まず最短で改善に導くことができます!!

え?そんなことできるの?と思うかもしれませんが、意外となんとかなるもんなんですね笑

ものは試しに…という思いからでも構いません。

大事な試合があってそれまでに痛みを取りたい
何度も繰り返すケガがある
試合直前でなんとかしたい

このようにお考えなら、諦める前に一度当院に相談してみてください。