院長からのメッセージ五十肩

院長からのメッセージ

私自身、十代で五十肩を経験しています

院長の写真

私はあなたの五十肩の痛みや辛さが誰よりも解るつもりです。

なぜなら、私は十代で五十肩を経験しているからです。

『え?十代?』

と思われるかもしれませんが、これは事実です。

私は過去に柔道をしていましたが、その練習の際に肩の負傷を起こし、肩が全く動かなくなりました。
受傷して3ヶ月ほどは夜中も疼いて全く眠れなかったことを覚えています。
また、そんな状態でも練習を休むことが出来なかったので、いつまで経っても状態は改善せず腕が半年近くの間思うように上がらなかったことを覚えています。

その当時はこれが五十肩だということに気付きませんでしたが、医学的な知識がついた今では『そうだったな。』と自覚できます。

思うように腕が上がらない、痒くても背中もかけない、服を思うように着れない…

本当に辛い日々を過ごしていました。

あなたにはこのような想いをして欲しくありません。

当時は整体院など近くにもなく、耐えることしかできませんでしたが、今は施術を受けられる環境が整っています。

五十肩は正しい頻度で、正しい期間適切な施術を受けるだけでしっかりと改善していきます。

もし、辛い五十肩の症状に悩んでいるなら一度当院にご相談ください。

きっと、あなたの期待に応えてみせます!!